So-net無料ブログ作成
検索選択

水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)

 水俣病未認定患者でつくる「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2000人が国や県、原因企業チッソを相手に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日、熊本地裁で開かれる。高橋亮介裁判長が和解勧告する見通しで、和解に向けた本格的な協議が始まる。
 水俣病訴訟で、国が和解勧告に応じるのは初。救済対象の認定方法や補償内容について、双方の主張には隔たりがあり、今後の和解協議は難航が予想される。 

【関連ニュース
水俣病、来年5月に救済開始を=環境副大臣
追加提訴で原告2000人超える=水俣病集団訴訟
水俣病集団訴訟、県が和解意向=知事「国と連携し対処」
未認定患者ら、全員救済求める=新潟水俣病4次訴訟

雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)
都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上−鹿児島県警(時事通信)
<NHK>朝ドラ4月から8時開始に 時間変更は48年ぶり(毎日新聞)
<山手線>東京駅で人身事故、運転見合わせ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: